原木 ヤング係数の測定

平成22年8月19日
中津市耶馬溪町の山林で、原木の強度を示す「ヤング係数」の測定を行いました。

大分大学から田中教授と学生4名、大分県北部振興局から2名、豊ネットから5名が
参加しました。
10:00にふもとの集会所に集合し、険しい林道を延々と登り詰め伐採現場へとたどり
着きました。

炎天下の中、早速機材を準備し、スギ原木丸太を1本ずつ計測しました。
まず、原木丸太の重量の計測、次に太さと長さの計測、含有率の計測、そしてハンマー
でたたいて音伝道の計測と手際よく行いました。
約60本の原木の計測は、午前中に終わらず午後からも引き続き行いました。

今回の大分大学との共同調査結果は、木材の品質管理やトレーサビリティなどに活用
されます。


 
 
 
 


【ヤング係数とは】 森林総合研究所のHP で分かりやすく説明されています。



inserted by FC2 system