-- 玉 湯 ま く ら 引 渡 し 式 -●●●-

 

平成24年3月6日(火) 
中津市の6次産業の取組みの一環として研究開発を進めてきた「玉湯まくら(商標登録済み)の試作品が完成し、中津市にへの引渡し式が行われました。
市役所4階の会議室で行われた「納品式」にはテレビ局や新聞記者がきており、玉湯まくらの担当者が開発の経緯から使用方法に至るまで細かく説明しました。

今回はまだ試作品の段階ですが、この「玉湯枕」は市内の4つの温泉に配られ、お客さんの反応を見て、商品化に向けた検討をする予定です。

「玉湯まくら」とは
地元の「耶馬溪三代檜」を使い、大小の球形に加工し、ひもに通し数珠状にしたもので、首にかけて使用したときにツボを刺激し血行を良くする効果があります。また、ひのきの香りがリラックス効果をもたらします。

ちなみに、翌朝のニュースで紹介されました。


 
 
 


中津市のホームページで紹介されました

井堀代表のブログでも紹介しています


 
inserted by FC2 system